7月 16

 これは軽いノリで書けないから気合い入れて書く。さあ、王道モダンジャズ随一の傑作の紹介だ。キース・ジャレットという名前を耳にしたことがある人は多いと思う。彼は偉大なピアニストだ。何が偉大かって、彼は神の啓示を受けることができるからだ。神の言葉のように、恐れ多く、澄んでいて、近寄りがたく、切り裂くような美しいメロディを奏でることができるジャズミュージシャンだ。

 なぜか?彼はクラッシックのピアニストとしても一流の素養を持っているからだ。彼はクラッシックからジャズに転向することによって、誰も成し遂げることのできない高みにたった。

 6枚組1万5000円のソロピアノアルバム、サンベア・コンサートを紹介する前に、まず20世紀ソロピアノの最高峰、『ケルン・コンサート』に触れなきゃいけないだろう。


 断言するが、『ケルン・コンサート』は、人類史上最高のソロピアノアルバムの一枚と言って差し支えない。まだ聴いたことがないなら、そのことを深く恥ずべきだ。ジャズがクラシックと幸福な形で出会うと神が陶酔する、というか奇跡が生じるのだ。

 クラッシックの伝統に深く裏打ちされた流暢な指運び。ただしジャズだから、もちろんそこに楽譜は無い。身の赴くままに、うなり声とともに、即興演奏(インプロビゼーション)として、音階を重ね、身と音を共振させてゆくだけだ。だから奇跡が起こる。これほどまでに深く抉る美しいという言葉もはばかられるようなメロディを信じることができるだろうか。これは信仰なのだろうか。

 『ケルン・コンサート』を聴いた人間はケルン・シンドロームに陥る。これほどまでに美しいソロピアノのアルバムをもっと聴きたい、どこかにないか、誰か知らないか‥というわけだ。残念ながら、クラッシックの偉大な歴史は助けにならない。楽譜は、良くも悪くも精神の形式を方向付ける。たしかに、形式の遵守は洗練へと昇華する。だが、形式を踏まえた上で、楽譜を解き放ち、魂を真逆の方向へと解放するには、ジャズ、というよりも自由に演奏する契機が必要となる。キースはジャズを必要としたのではない。ジャズが偶然にもキースの形式を解き放つ契機となったのだ

 今日紹介する『サンベア・コンサート』はケルン・シンドロームへのひとつの処方薬だ。いや、ひとつの処方薬というほど軽いものではない。わたしは、『サンベア・コンサート』が『ケルン・コンサート』をある面では超えていると思う。

 『サンベア・コンサート』はキースジャレットがその絶頂期の頃、日本で行ったソロコンサート5編を納めたものだ。東京、札幌、京都、名古屋、大阪、アンコールという6枚構成になっている。

 ケルン・コンサート的なソロピアノの、量が膨大なだけではない。京都、名古屋、札幌の3枚はケルンを凌駕している。キースの柔らかな指運びと共に、古都の鐘の音が聞え、札幌の明朝凍て付いた路面の冷気が伝わってくる。それぐらい奇跡的な、現実世界と精神世界を循環する音-世界が実現されている。

 ケルン・シンドロームの治療薬はここにある。あなたが膨大かつ偉大な音の洪水にわれを失い、言葉を失い、打ちひしがれたそのとき、あなたはキースジャレット信仰を乗り越え、はじめて面と向かってキースの音色と向き合うことができるようになるだろう。絶対に聴いて欲しい。心から願う。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...Loading...
10,125 views | add to hatena hatena.comment 2 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=31

7月 16

 エロジャケが好きだ。きわめて微妙なところで欲望と抑制がせめぎ合って美しいさざ波が立っている、そんなエロジャケの前では、男はただ戦慄するしかないのだ。音すら二の次にしてしまうようなエロジャケに出逢いたい。リンク先はエロジャケ天国というサイトへ。

 繰り返すけど、欲望と抑制の境界線で立つさざ波が美しいと思うんだ、ほんとうに。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...Loading...
10,355 views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=30

7月 16

 最近愛用しているデジカメがリコーのGX100。無骨なだけに愛着がわく。パソコンで言うところのThinkPadみたいなもの。ただの記念写真を撮るんじゃなくて、ちょっと写真日和的に通ぶって世界をフレームにおさめたいヤツは、だいたいGR DIGITALを買っていたものだ。露骨すぎて笑えるくらいに。宮崎あおい結構好きだったんだけどな。仲良さそうにGR DIGITALを眺めてるな。笑い。

 GR DIGITALは広角28ミリだった。そしてこのGX100は24mm~72mmの3倍ズーム。24mmで撮れるコンパクトデジカメは、今のところこの機種だけ。楽しい。

 デジカメって不思議な存在だ。メモ代わりの写真は携帯のカメラで、そして作品を撮るときはフィルムで、って分れていたはずなのに、むかしGR DIGITALを手にしたときから、変な肩の力が抜けてきて、メモと作品の境界線があいまいになって、ただ世界の時間を止めてそれを枠内におさめることが楽しくなってきた。最近はもっぱらファインダーを覗かずに撮っている。いわゆるノーファインダー撮影。そして、ものではなく、動物でもなく、廃墟でもなく、やっぱり人を撮るのが好きだ。なんでこんなに人間に興味があるんだろう。少し頭が痛くなる。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (7 votes, average: 4.00 out of 5)
Loading...Loading...
56,023 views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=29

7月 14

 Jazz, Funk, Soul, Hiphopの血が流れるMadlibが大好きだ。彼が所属するレーベル、Stones Throw Recordsがだす音はつねに抜群に良い。それはおそらく、JazzがJazzらしくなく、FunkがFunkらしくなく、SoulがSoulらしくなく、HiphopがHiphopらしくないからなんだと思う。自分にとって、世界で一番好きな、愛すべきレーベル。

 やつらは音楽の脱構築主義者だ。Jazzの閉塞性を、その内部から、音を切り裂いて、HiphopやSoulやFunkにひらいてくれる。自分がクラブに通うことになったのも、Madlibの影響が一番大きかった。モダンで王道なジャズの世界にどっぷりつかっていたころ、やつらは「それじゃあもったいないぜ?」と教えてくれた。先月行った代官山AIRのイベントも、ここなら死ねると思った。

 そんなやつらが無料でpodcastを配信している。Jazz, Funk, Hiphopあたりを好きな人にとっては、おそらく世界で一番クオリティーが高いpodcastだと思う。聴け!ちなみに、下の写真はAIRのイベントでMadlibを撮ったもの。

★★★★★+★★★

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...Loading...
9,522 views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=28

7月 13

 泣く子も黙る、猫すら知ってる、孤独な音で涙腺を刺激しRelaxin’な世界を演出するジャズの筆頭候補といえば、ピアニストのビルエヴァンスだ。『Waltz for Debby』なんかが有名だけど、彼の作品の中で一番好きなのがJim Hallと一緒に組んで録った作品群だ。Jim Hallはギタリスト。これは名盤中の名盤中の名盤で、これ以上Relaxできるアルバムはこの世の中にあるのか?といったくらいに。もちろん、ただRelaxできるだけじゃなく、耳を澄ませば、高度なインタープレイにぞっとするはずだ。『Kind of Blue』にビル・エヴァンスが持ち込んだ「インタープレイ」と呼ばれる手法がここに極まれり。ジャズのエッセンスすべてが詰まった、聴かなければ死のう的アルバム。このジャケ写もありえない。鳥肌。

★★★★★+★★★★★

 二人が録った別のアルバム、『Intermodulation』も、もちろん狂おしいほどにお薦めだ。★★★★★+★★Intermodulation

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...Loading...
10,660 views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=27

7月 13

Eastern Sounds

 かのコルトレーンに大きな影響を与えたと言われるユセフ・ラティーフが61年年にレコーディングした作品。サックス、オーボエ、フルートと自在に。最近ではクラブ系に大人気のアルバムだが、これはまぎれもなく正統派のモダンジャズだ。単弦の執拗なリズムパターンに酔いしれよう。大人気の「スパルタカス愛のテーマ」は、Ino Hidefumiが『Satisfaction』というアルバムの中で、フェンダーローズを用いて、最近カバーしたことで知名度が上がった。まぁ、Inoさんのアルバムは流行りすぎて食傷してしまったけれども。American Lag Cieみたいなセレクトショップで激しくヘビロテされてうんざりしたが、とにかく、このユセフ・ラティーフのアルバムは一聴の価値有り。

★★★★★

Satisfaction
「Satisfaction」(Ino Hidefumi)については、★★★★の評価。とにかく聴きやすいRelaxinアルバムではあるけれども、もう少しエッジを鋭くして欲しかった、個人的に。なんだろう、Inoさんはフュージョンに過ぎるんだ。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...Loading...
5,802 views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=26