7月 18

 大宅壮一文庫。旧名、大宅文庫。世田谷区八幡山にある、雑誌専門の図書館。けっこう壮大。壮一。入館料500円で雑誌10冊まで閲覧可。コピーが高いよなぁ。1枚90円!まぁそういうビジネスなんだから仕方がないのだろうけども。

 ファッション関係とか、学問関係とか、いろいろな人間がいりみだれて閲覧。こういう場所では、時間に追われて資料探しするんじゃなくて、1日まったりと過ごしたいよなぁ。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...Loading...
3,339 views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=45

7月 18

innocent view

 流行りのJ-POPをボサノヴァ調に、えせ爽やか風にカヴァーするアーティスト、Sotte Bosse。J-POPはうるさいし気が散るから基本嫌いなんだけど、ときどきサビのメロディがこびりついて無性に聴きたくなる場合がある。そんなときは、こういう風にカヴァーされたやつを、さりげなくかけてみる。ここちよす。

 JazzとかFunkとかHiphopって、たとえばふつーの女の子と一緒にいる場合にはウザがられるわけで、そういうときにお茶を濁すには、最適なアルバム。使い勝手の良い、モテ系アルバム。こういうのまで拒絶して自分の好きな音趣味に突っ走ると、良くも悪くも、音楽オタク。こういう引き出しも一緒に用意しておくと、良かれ悪しかれ、イマドキの若者。ただし、ムーンライダースのカヴァー曲は超良かった。

★★★★

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 votes, average: 1.00 out of 5)
Loading...Loading...
5,758 views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=43

7月 18

 北方領土にいってみたい。政治的意図はなく、純粋な旅人としての関心から。

 「ロシアの旅行ビザを取れば、誰でも北方四島に行くことができます。このビザが必要という事実が、日本政府をして北方四島への旅行に公式な不快感を表明させています。ロシアのビザを申請するということは、北方領土におけるロシアの主権を認めているに等しいからであり、もちろん、日本政府はそのようなことは認めていません。」3. 行き方は?「北海道と北方四島との距離は近いとはいうものの定期船の運行はありません。最も一般的な方法は、まずサハリンへ飛行機で飛び、そこで国後島へ飛ぶフライトを待つ(最高2日)という方法です。サハリンから択捉、国後行きのフェリーも出ています。」(参照

 でも現実的には行けないみたい。「見るだけでしたら、根室市の納沙布岬へ行くと、すぐそばに見ることが出来ます。行きたい場合ですが、日本の外務省は北方領土は日本固有の領土としていますので、日本の領土に行くにはビザは当然必要がないとしています。しかし、ロシア側は入国にはビザが必要としています。従って、現在は一般の旅行者に対して、ビザ発給はされていません。話題の北方領土ビザなし交流団のメンバーとして参加するしか、現状では方法がないと思われます。」(参照

 ふ~ん。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...Loading...
3,787 views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=42

7月 18

 ふるさと、ありますか。だいたい「ふるさと」なんてノスタルジックに心の中で美化されて創作されるものに違いないのだけれども、自分にもあるんだよなぁ。「ふるさと」も快楽の源泉。

 いわゆる母方の実家、が三重県尾鷲市須賀利町というところにあった。かつては船でしか行くことができなかった陸の孤島みたいな場所で、すごく不便な立地。基本的に自分は名古屋で育ったのだけれども、須賀利町にはがきんちょのころ毎年のように訪れていて、いろんなことをしたなぁ。神社の賽銭箱をひっくり返して盗んだり。あれからその街は寂れに寂れて、いまでは人口371人!全人口371人てすごいよ。この前売れた一軒家は、土地と建物をあわせても、なんと300万ほどだったのだとか。

 日本に対する郷土愛みたいなものが自分の中にあるけど、それはきっとこの田舎が支えになっているからだと思う。こういう暮らしをしていく余地が自分の中に残されているというか。小さい町や村だと、正午と夕方5時ごろに、高台のスピーカーからぽつぽつと音楽が流れてきません?あれが耳から今でも離れない。おそらく廃村になるかもだけど、その前に、釣りしながら、写真をいっぱい撮ってこよう。

 あと祖父が亡くなったときの葬式も忘れられない。曹洞宗(禅宗)の葬式ってすごい。打楽器をばしゃばしゃ叩いて仰々しい音を鳴らしながら、街をうねり歩き、階段をのぼって、高台のちっぽけなお寺まで行進する。桜の花が咲いてて、でもなぜか粉雪が舞ってて、かじかみながら、手をあわせて、お経はやく終れよゴルァなんて思ってた。そういう葬式を体験してるから、都会の葬式は輪をかけて嫌いだ。死者のためではなく、残された者たちのためだけの葬式だという感じがするから。お決まりの葬式場でアホみたいにお決まりの花を並べて、なんて貧困なんだろうと思う。もちろん、そうしないと社会がまわらないのだろうけれども。葬儀社に看取られる葬式は、死んでもいやだ。死んだら口出せないか。今晩あたり、遺書でも書いとくか。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...Loading...
7,477 views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=41

7月 18

 エスプレッソが好きなんですよ。いやもうね、これホントに好きなんですよ。それにしても、俺更新しすぎw この勢いどこまで続かん。

 周知のとおり、コーヒーにはアメリカ系とヨーロッパ系の2種類があって、アメリカ系はいわゆる薄い普通のコーヒー。イタリア中心なのがエスプレッソ文化。それぞれ抽出方法がちがう。ドリップ方式中心のアメリカンコーヒーとちがい、エスプレッソの場合、機械なんかで高圧力を意図的にかけて成分を抽出するわけですな。旨み成分がぎゅっと濃縮される。

 歴史の皮肉なのか、敵地アメリカのシアトルでエスプレッソブームがおきた。スターバックス主導のアレですな。イタリア式のエスプレッソ文化は、エスプレッソに砂糖を溶かすシンプルなもの。対して、シアトルで流行したエスプレッソ文化は、キャラメル入れたり、アイス入れたり、なんともアメリカらしいもの。それが日本にも導入されて、カフェラテ/マキアート的なエスプレッソブームがやってきた。これが数年前のはなし。まぁ、スタバでも何でも良いじゃないですか。美味しいんだから。通ぶってブームに苦言を呈してるうんちく的おっさんには引退を願おう。ちなみに日本にあるチェーン店で一番エスプレッソが美味しいのがセガフレード。

 たぶん自分が若いからだと思うけれども、とてつもなく苦くブラックなのを、朝にドカンとぶち込まれたいわけですよ。でないと頭が醒めない。そしてこの前ついに買っちゃいました、エスプレッソマシン。3種類あって悩んだ。

Continue reading »

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (3 votes, average: 3.67 out of 5)
Loading...Loading...
7,526 views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=40

7月 18

 RSSリーダは便利なもんだ。はてなブックマークやはてなアンテナついでにRSSリーダもはてなを使いたくなるところだけれども、正直、はてなのRSSリーダは現時点でグダグダだと思う。はてなブックマークとの連携くらいしか利点が見つからない。

 livedoor Readerを一度使ってみて欲しい。圧倒的につかいやすい。1.フィードを増やしてもサクサク軽い点、2.キーボードショートカットが充実している点、3.各サイトごとに5段階の★印で重要性をレーティングできる点。以上の3点からlivedoor以外にはありえないと判断してます。とくにレーティングできる点は良いなぁ。毎日みたいサイト、週1回目を通せばよいサイトなど、レーティングで区別できるので便利。ちなみに、Google Readerも微妙。だって重いんだもん。livedoorあなどるべからず。松崎しげるもおすすめちう。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...Loading...
8,033 views | add to hatena hatena.comment 3 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 1 users |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=39