8月 09

 すみません、ちょっと夏っぽい日々を送っていたので更新が途絶えています。今回の暴落に関しての自分なりの心理的勉強メモ。

*短期的な底打ち(二番底の確認終了)は、こちらのエントリにあるように、8月6日だったのだろう。

*今回自分は、一番底を確認したのち、BRICs株を買いに行ってしまった。だが、二番底の方がはるかに深く、もう少し買いを入れるのを遅くすべきだった。さらに下落していれば、かなりの痛手を被る危険性があった。リスク管理が未熟だった。暴落時に買いに行くのは、いくら遅くても遅すぎることはないという教訓。買い増しは2番底を確認してから、という原則を守る必要があった。香港の市場平均は、本日ようやく一番底を上回ってきた。かなりの幅を取りのがしてしまった。

数日前一番底の後は皆「それいけ!」という感じで殺到しました。僕がすぐ買いの手を控えたのはそのためです。比べて今回はダウが280ポイントも上がっていても殆どの参加者は「もうだまされないぞ」と思っている、、、。だいたい一番底より二番底のほうが遥かに恐怖は大きいものです。(前リンク先)

*次回の暴落時には、相場急落への対処法を実践できるようにトレーニングしておく。

*以前のエントリで「日本株で唯一買い保有している」と書いたニトリが、想定通り、本日、年初来高値を抜いてきた。1ドル120円よりも円安にならない限りは、まだまだ面白いと思う。これはトレーリングストップで追いかける。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...Loading...
2,879 views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=87



Amazon Related Search

Leave a Reply