7月 23

 「求め彷徨うオシャレ弱者にこそ必要なもの」みたいな記事を、僭越ながら、書いてみる。抽象的なはなしから、徐々に具体的なはなしへ。

■イケてる自分を効率よく演出する曲線

 だれだって自分を魅力的にみせたい。自分を見せつける相手が、同性・異性・年上・年下にかかわらず、自分はイケてる人間なんですよとアピールしたい。

ぜひとも中身(と言われるなにか)で勝負してください。そのほうがずっと大変でしょうけど。(前リンク先より)

 まさにそのとおり。というか、あらゆる領域で、以下の図のようなことがおきると思う。横軸は、どれだけお金や時間を使うか、努力を示すとする。右にいけばいくほど、お金や時間をたくさん使う。縦軸は、他者へのアピール度だとする。上にいけばいくほど、自分は魅力的な存在だと他者にアピールできるとする。

 ある領域に、お金や時間を使うと、はじめのうちは効用(自分を魅力的にみせること)を、効率よく実現できる。費用対効果が高い。だが、徐々に効用の伸びは鈍ってきて、いくらお金と時間をかけても、マニアにしか理解してもらえないゾーンに突入する。

 それまで外見をあまり気にしていなかった場合、少しのお金と時間を使えば、たくさんの効用を得ることができる。「外見×内面=人間の魅力」とラフに定義すれば、すでに内面にたくさん投資している場合、外見にちょぴっと投資することが、どれだけ効率よいかがわかってもらえると思う。

■外見は、内面をアピールする権利を得るために大事

 どれだけ見てくれが良くても、実際にしゃべってペラペラの人間だとバレてしまえば、人は去ってゆく。しかし、外見が良くないと、しゃべりだす権利すら与えられない場合が多い。誰もが、自分の内面を他者に理解してほしいと願っている。だが、見てくれが悪いと、他人は、自分を理解しようとすら思わない場合が多い。他方、外見がよければ、他人が自分を理解しようと勝手に努力してくれる可能性が高い。

 だから外見は重要だ。スタートラインに立つために。ちなみに、お金や肩書き(地位)も同様な効果を持つ。外見・お金・地位といったものは、そもそも自分が語り出す権利を確保するために必要なのだ。相手に、自分のことをもっと知りたいと思わせるために。相手に、自分のことを大切に扱いたいと思わせるために。

■外見は、ある場に参加する資格を得るためにも大事

 ファッションを頑張るのは、なぜ?

1.自分が気分良く過ごすため。
2.同性にナメられないため。
3.異性にモテるため。
4.ある場に参加する資格を得るため。

 重要だけど忘れられがちなのが、4.「ある場に参加する資格を得るためにファッションを頑張る」という点だ。BARでも高級ホテルでもクラブでもパーティーでもヘアサロンでも何でも良いが、都会の洗練された文化(笑)を自負するような場所に参加する場合、外見によって、自分のもてなされかたがまったく変わってくる。金や地位にモノを言わせるのもありだが、そんなにお金がないならば、まずは外見を磨いて参加資格を確保するひつようがある。

 だから、自分のファッションを決めるときに大事なのは、同性の目や異性の目を意識することに加えて、TPO(Time Place Occasion : 時・場所・機会)を意識することだ。いくら古着が大好きでも、パーティーや高級ホテルに、ふだんと同じヴィンテージものの古着を着ていくのはアホだ。逆に、バーベキューパーティーにピンヒールで参加するのは痛い子ちゃんだ。読書会に香水をたっぷりつけてやってくる子は、帰っていいよという感じになる。朝出かけるときに、あらかじめTPOをどれだけ汲み取れるかが、お洒落かどうかを決める。TPOの文法を先読みする必要がある。だから、ネットを使った、行く場所に対する、事前のリサーチは大事だ。

 いつでもどこでも自己主張を通すヤツはオシャレさんじゃない。場の文法を先読みし、それに制約されながらも、その制約の中で最大限自分を(さりげなく)アピールできる人が、お洒落さんだ。

 #次回は、もっと具体的なはなしを。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...Loading...
9,710 views | add to hatena hatena.comment 4 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=60



Amazon Related Search

One Response to “Fashion Lecture#1 外見と内面”

  1. 名もなき通行人 Says:

    当方オスながら、オシャレのあり方に関してググってたらこちらにたどり着きました。

    >2.同性にナメられないため。
    >3.異性にモテるため。

    というのは女性に限らず男も同様ですが、

    >1.自分が気分良く過ごすため。
    という感情は女性ならではと思います。
    オシャレに凝る女性がご自身を褒めるのは男目線で見れば可愛いと思いますが、
    男がナルシスしてる様子はキモイとしか言いようがありません。

    ドレスコードを要求する店は自分的にはこっちから願い下げです。しかし法事にアロハ着て行くほど非常識でもありません。
    ブログ主さんの主張は、TPOをわきまえろ、ということは理解してます。

    これからは同性にナメられず異性にモテて、なおTPOを考えた着こなしのできる人間を目指します。

Leave a Reply