7月 14

 Jazz, Funk, Soul, Hiphopの血が流れるMadlibが大好きだ。彼が所属するレーベル、Stones Throw Recordsがだす音はつねに抜群に良い。それはおそらく、JazzがJazzらしくなく、FunkがFunkらしくなく、SoulがSoulらしくなく、HiphopがHiphopらしくないからなんだと思う。自分にとって、世界で一番好きな、愛すべきレーベル。

 やつらは音楽の脱構築主義者だ。Jazzの閉塞性を、その内部から、音を切り裂いて、HiphopやSoulやFunkにひらいてくれる。自分がクラブに通うことになったのも、Madlibの影響が一番大きかった。モダンで王道なジャズの世界にどっぷりつかっていたころ、やつらは「それじゃあもったいないぜ?」と教えてくれた。先月行った代官山AIRのイベントも、ここなら死ねると思った。

 そんなやつらが無料でpodcastを配信している。Jazz, Funk, Hiphopあたりを好きな人にとっては、おそらく世界で一番クオリティーが高いpodcastだと思う。聴け!ちなみに、下の写真はAIRのイベントでMadlibを撮ったもの。

★★★★★+★★★


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...Loading...
9,168 views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=28



Amazon Related Search

Leave a Reply