11月 11

DSC01616
Sony DSC-RX100 / Kamikochi / Nagano / Japan.

 歳を経るごとに、食を大切にしたいな、という気持ちがどんどんインフレしている。「アホかお前、今この瞬間の空腹は、人生に限られた貴重なリソースなんだぞ。人間は一日たった三回、一年でわずか1095回しか腹が減らんのだぞ。その貴重な一回を、単に金がないとか、そんなくだらん理由で台無しにするのか。(参照)」、この感覚がyear by yearで身に染みてくる。酒を飲めるのはあと何回なのだろう。1日3食すべての機会に酒は飲まないだろう。飲んでも一日1回、宵に。毎日飲むものでもないだろう。週の半分(4夜)酒を口にするとして、1年でたった208回しか飲む機会がないとは…。安いからといって、手軽に手に入るからといって、妥協した酒を口に含んでいる場合じゃない。間違いない。ただでさえ、日を追うごとに肝臓は弱り、糖尿病の足音が近づき、体そのものが閉じてゆくのだから。

 まず間違いなくとびきり美味しい日本酒にたどり着ける店、地酒屋こだま。飲み屋ではなく酒屋なのがポイントだ。とびきり美味しい日本酒が飲めると評判の居酒屋(たとえば酒徒庵)に負けないクオリティの日本酒を自分で簡単に購入することが出来る店。日本酒の極上のセレクトショップ。都内随一なのでは。このお店に出逢えて良かったなー、ほんとにそう思う。オススメです。難点は、このお店で日本酒を買いはじめると、多くの飲食店で提供される日本酒に恨み節を零し始めるようになってしまうこと。

 平均的な予算としては日本酒の一升瓶で2500~3000円程度。これはまったくもって高くない。一升瓶は1800ml。ワインのボトルがだいたい720mlなので、ワインボトル2.5本分。一升瓶3000円の日本酒は、ワインボトルで言えば1本1200円相当なのだ。この程度のお金を日本酒に払うことに躊躇してしまうような人生ならば、捨ててしまいたい。

 個人的におすすめの銘柄は、「篠峯」と「山の壽」です。是非お試しあれ。

(※楽天の店舗は「地酒屋こだま」ではありません)


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...Loading...
15,235 views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=237



Amazon Related Search

Leave a Reply