7月 27

P1050706
Panasonic DSC-G3 / LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. / Asakusa / Tokyo / Japan.

 たとえば江戸川花火大会。川辺の花火大会には川辺の花火大会の良さがある。ぞろろと列をなして気取らない下町を歩き、川辺に抜けると涼しい風が渦をなしている。いざ花火がはじまるまで、人混みに満ちた川辺と、涼しげな川それ自体の対照性を肴に、あまり冷えていないビールかチューハイを美味しくぐびり。あるいは、たとえば神奈川新聞花火大会。海沿いの花火には海沿いの花火大会の良さがある。臨港パークの芝生にごろんと寝転び空を見上げて、足下から世界に繋がっているはずの海を想う。夕焼けで空が照れはじめたころ、凪の風と喧噪がさーっと頬を撫でるだろう。そして隅田川花火大会。都会の花火には都会の花火の良さがある。そこは異世界ではまったくなくて、いつもの人たち、いつものビルの窓が、鼓動音とともに見慣れぬ色に染め上げられるのだから。

 都会花火の代表格、隅田川花火大会。隅田川花火大会は、腰を落ち着けられる場所を確保しないと、人混みの中をえんえんと迷路をさまようラットのようにぐるぐる歩く羽目になる危険な花火大会でもある。歩く羽目になると、怒号とエゴと糾弾に巻き込まれてしまう。とはいえ、日中の早い時間から席を確保するのは暑いし無理だ。そこで、17時~18時頃に現地に到着したとしても、打ち上げスポットの至近に席を確保できるとっておきの穴場について。

 今年の隅田川花火大会が延期か中止か良くわかっていないので、もしかしたら明日のために。もう今年は中止だというのならば、来年のために。せめて、写真でも。

DSCF0145

FUJIFILM FinePix X100 / Asakusa / Tokyo / Japan.

DSCF0035

P1050609

 穴場にたどり着くには、「駒形どぜう」を目印にすれば良い。せっかくなので、どぜう料理を堪能しよう。

P1050666

P1050642

P1050660

P1050662

 ごぼう、に真正面から向き合える数少ない機会だ。

P1050650

 駒形どぜうにたどり着いた上で、穴場スポットは次の地図の通り(画像をクリックで拡大)。

 地図右手のハートマークの位置が打ち上げ場所だ。そして、Aと書いてあるところが極上の席、Bと書いてあるところが次善の席、Cと書いてあるところが歩くよりはマシな席、ということになる。道路上に位置しているエリアは、交通規制(例年18時であることが多い)が開始されると同時に場所取りが可能になる。17時頃から道路脇でスタンバイしておいて、交通規制開始と同時にシートを広げて場所を確保するのがセオリーである。さらにさらにいえば、赤斜線の部分は極上であり、14時までならば確保できるだろう。

P1050750

 赤斜線の部分に座ると真正面のマンション上に花火が拡がる。

P1050673

 AとBのエリアはこのような感じ。

P1050863

P1050939

P1050914

 来年こそは、一緒にそこに居たいな。

P1050809

P1050808

P1050898

DSCF0176

DSCF0169

P1060102

P1060082

P1060070

P1060040

P1050944

P1050790

P1060103

 


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...Loading...
19,265 views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=235



Amazon Related Search

Leave a Reply