7月 19

direct communication#2
Ricoh GX100 / Azabu / Tokyo.

 むかし講談社のエントリーシートを書いていたときのこと。おぼろげな記憶だけれども、たしかこんな設問があった。「あなたが人生で一番笑った瞬間はどんなときでしたか?わたしたちにも面白さが伝わるように、その経験を教えてください(800字)」。わたしたちにも面白さが伝わるように…伝わるよう…伝わ…わらわらわらわら…あれこれ頭を絞ったけれどちっとも出てきやしない。Google先生に必死でお伺いを立ててみたけれど、どの話もそんなに面白いとは思えない。そして悶絶したまま朝を迎えた。やばいな俺。人様に語ることができる笑いの経験すらないのか…。いや、それはちがう。そのとき心底こう思ったのだ。大爆笑はそれなりにしてきたけれど、状況だけを取り出してそれ自体がすごく面白いと言えるような出来事は経験していないのだな、と。誰かと一緒にいるから笑えるのだ。一緒にいるから、些細な出来事でも、笑いが笑いを呼び、結果的に大爆笑してしまうのだ。紙に書いて、その状況を共有していない他者に伝えようとすれば、あまりにつまらなくなってしまう。たとえば、「健太がスーツを着て馬のかぶりものを付けて渋谷の路上を歩いていた…そのうしろを20人で尾行した…みんながありったけ笑いだした…つられて自分も腹筋が壊れるほど笑った…」。はい、ほんとうに、つまらない。でも、もしあなたがその状況にいたならば、おそらく大爆笑していたはずだ。

 このmuxtapeの一番上の曲名をクリック・再生してみてほしい。そしてかならず、大音量で感じてほしい。笑い声を全身で浴びてほしい。それだけで、笑えてこないかい?笑い声を聴くだけで、なぜ笑えてくるのだろう?

 笑い、ってなんだろう。人はなぜ笑うのか。今日は、笑いについての疑問を、暴けるだけ暴いてみよう。笑い研究の分野では、哲学者アンリ・ベルクソンのその名もずばり『笑い』という書籍が有名だけれども、今はもう2008年(早いね!)。どうせなら科学の力を借りよう。スティーブン・ピンカー著『心の仕組み 下巻』を利用する?いや、ピンカーさんを参照するのは、どことなく安易な感じがする。これは本職の研究者の論文を読むしかないでしょう。というわけで、笑いに関する最新のreview論文を探してみた。あった。Gervais, M. and D. S. Wilson (2005). “THE EVOLUTION AND FUNCTIONS OF LAUGHTER AND HUMOR: A SYNTHETIC APPROACH.” Quarterly Review of Biology 80(4): 395-430.link to PubMed)。どうやら進化生物学の論文のようだ。今日はなるべく簡潔にいこう。


■笑いは2種類存在する

 笑いは進化的な本能だ。学習しなくても、人であれば笑うことができる。生後2ヶ月~6ヶ月の間に、誰もが笑いを発する。言葉をしゃべれるようになる以前に、赤ん坊は笑顔をつくることができる。耳が聞こえなくて盲目の赤ん坊でさえ、笑うことができるのだ(他者の笑いを目撃して学習しなくても)。

 笑いは科学的に2種類に分けることができるという。よく考えてみて欲しい。すごく面白い場面に遭遇して思わずゲロゲロ笑ってしまう場合の笑いは、1.外部から刺激によって笑いが誘発され、2.笑いを自分でコントロールできず(非自発的で)、3.とても愉快な気分になる(感情的負荷が高い)、という特徴をもっている。でも、笑いはそれだけにとどまらない。笑いにはもう1種類ある。たとえば、あなたが誰かにしゃべりかけるとき、何気なく笑顔(ほほえみ)を振りまきながら会話していたりするはずだ。また、気まずい場面に遭遇すれば、苦笑したりするはずだ。この種の笑いは、1.かならずしも外部からの刺激がなくても自発的に作ることができ、2.笑いを自分の意志でコントロールすることもできて、3.自分の感情経験とはあまり関係ない(感情的負荷が低い)、という特徴をもっている。論文では前者が「デュシェヌ笑い」、後者が「非デュシェヌ笑い」と名付けられているけれど、専門外の人にはわかりにくいので、前者を「ゲロゲロ笑い」、後者を「フフフ笑い」と便宜的に呼ぶことにする。

 面白いのは、ゲロゲロ笑いとフフフ笑いでは、それぞれ関わっている脳の経路が異なるという点だ。無意識的で感情的経験を強く伴うゲロゲロ笑いは、皮質下の辺縁領域で生じ、感情の座である扁桃体が関与している。それに対して、自発的で感情的負荷の低いフフフ笑いは、運動前野で生じ、運動皮質が関与している。つまりそれぞれの笑いは物質的に異なった神経システムを基盤にしているのだ。

■フフフ笑いについて少々

 ゲロゲロ笑いとフフフ笑いのちがいが腑に落ちない人がいるかもしれないので、もう少し詳しく説明しておこう。会話が行われるとき、話し手は聞き手よりも46%多く笑っているという研究結果がある (Vettin and Todt 2004)。これは面白いデータだ。わたしたちが会話するとき、相手の話を聞いて(外部から刺激を与えられて)ゲロゲロ笑うよりも、自分がしゃべって自分でフフフと笑うことの方が多い、というお話なのだから。フフフ笑いは、自発的に行われ、コミュニケーションの相互作用を促進したり、自分の発言の刺々しさを和らげる効果をもっている。わたしたちが会話で笑うのは、相手の発言が面白いからではなく、むしろ自分がコミュニケーションをコントロールするためである場合が多いのだ。

 さきほど、ゲロゲロ笑いはポジティブな感情経験を強く伴うけれどフフフ笑いには感情経験があまり関与しない、と書いた。これをもう少し細かく説明しよう。ゲロゲロ笑いの場合は脳内の感情経験を司る部位が直接刺激されるから「超楽しい!」となるのだけれども、フフフ笑いの場合は顔面フィードバック経路を通じてのみ感情経験が得られるのではないか、と推測されている。顔面フィードバック経路?なんじゃそりゃ?と思うかもしれないけれど、これは簡単な話で、自分で笑顔を作るとただそれだけで自分自身が多少ポジティブな気持ちになりますよ、という程度のことだ。(口に太いマジックペンを咥えると笑顔のような表情になるのだが、マジックペンをくわえさせられた人たちはそうでない人たちよりも同じ映画をより肯定的に評価した、という実験報告がある。つまり、表情をむりやり笑顔にするだけで、一定レベルのポジティブ感情が得られるということ)

■笑いの起源を探る旅

 とはいえ、主役はなんといってもゲロゲロ笑いだ。ゲロゲロ笑いの方が進化的な起源が古い。言語より先に、200から400万年前にゲロゲロ笑いが進化したと推測される。たとえばチンパンジーなど、人間以外の霊長類にも、ゲロゲロ笑いに相当するものが確認されている。それはギーギーとのこぎりで木をひく音に似ているそうだ。社会的遊び(social play)をしているときに、多くの霊長類は、人間の笑顔と似たような表情(リラックスして口をあけたplay face)を作る。つまり感情的・非自発的なゲロゲロ笑いは、霊長類との連続性の上で進化したのだ。霊長類が笑うのは、主にくすぐりあっている時か、偽の攻撃をしている時か、偽の追いかけっこをしている時だ。人間の幼児の場合も同様だ。「偽の」というのが大事なポイントで、笑うことによって、お互いに傷つけることなく、攻撃と防御のリハーサルをこなすことができるのだ。

 では、ヒトの場合はどうだったのか?長くなりそうだから思いっきり端折って説明しよう。1.二足歩行が可能になることによって、呼吸と発声の分離が可能になり、霊長類的なギーギーという笑い声ではなくハッハッハッという笑い声に進化した。2.二足歩行が可能になると、ヒトが探索できる範囲が一気に拡大した(二足歩行は生物学的にかなり効率の良い移動システムです)。3.探索範囲が拡大したので、あらかじめさまざまな出来事に対処できるよう行動のレパートリーを増やしておく必要が生じた。また、未知なる環境でいろいろな出来事に遭遇してストレスを抱え込んでも、へこたれず、あきらめず、ポジティブに生きていく必要が生じた。4.その際に、ゲロゲロ笑いはとても適応的なシステムだった。なぜなら、誰かの笑い声を聴けば、状況をよく理解できていない人でも「あぁいまは安全なんだ」「ホッとしていいんだ」とただちに把握することができたから(ゲロゲロ笑いは「安全なときにはポジティブ感情がサッとわき起こって、安全でなくなるとすぐ消えてしまうようなメカニズム」)。また、ストレスフルな環境を笑い飛ばすことによってポジティブな気持ちになれたから。さらに、笑うことによって、お互い傷つけることなくさまざまな行動レパートリーをリハーサルすることができたから(これは霊長類の場合と同じ)。みんなで笑いながらお化け屋敷に入れば怖くない!というやつだ。つまりゲロゲロ笑いは、ポジティブ感情を上昇させ、ストレスに対するネガティブ感情をダウンさせてくれるのだ。

■人がゲロゲロ笑うのはどんな場合?

 このような進化的背景を知っていれば、人が笑うのはどんな場合?という疑問にも、明快な答えをあたえることができる。人に笑いを引き起こす刺激は、つぎの条件を満たしているはずだ。それは、

1.刺激が社会的なものであること(まわりに他の人間がいること)
2.刺激が本当にヤバく危険なものではないと感じられること(nonseriousであること)
3.刺激が予期しないものであること(驚きを与えてくれること)

 つまり、1.社会的で、2.深刻ではないと感じられる文脈で、3.予期せぬ突然の変化が生じた場合に、ゲロゲロ笑いが生じるのだ。論文の言葉を借りれば”nonserious social incongruity”、これらがゲロゲロ笑いの条件だ!このうち2と3については理解しやすいだろう。たとえば人間の赤ん坊は、予期していなかったことがあらわれたときに笑うけれど、その刺激の強度が強すぎると泣いてしまう。くすぐりも同様で、ふだんあまり触れられない場所に予期せぬ刺激を与えられることによって人は笑うけれど、それが遊びの文脈だとわかっていないと、くすぐりに対して相手の攻撃性を感じ取ってしまう(電車の中でいやらしい目つきをした他人にくすぐられたら笑う以前に恐怖と怒りが生じるはず)。友達がズッコケたら笑えるけれど、頭から血を流していれば笑えない。鳥居みゆきがエイズをネタにギャグをやるとき、公共の場でこのような発言をして許されるんだ!という驚きとともに、でも「お笑い」だから深刻な話じゃないよねと感じるから、人は笑うのだ。鳥居みゆきが号泣しながらエイズの話をしていたら決して笑えない。

 a. ある既存の文脈内で不可解な驚きが生じる、b. 別の文脈を当てはめることでその不可解さが解消される、c. その別の文脈から眺めてみれば、身構えた不可解さは実はシリアスじゃない(=なんだくだらねー!)と思える、という3段階が必要なのだ。これはあくまで自分の意見だけれども、もしかしたら「お笑い」と呼ばれるジャンルは、これはシリアスではないよ!と制度的にあらかじめ宣言しているので、あとは驚きさえ与えられれば笑いを取れる、だからこそ強いのかもしれない。小島よしおの「そんなの関係ねぇ!」のような救いがたくくだらない反復ギャク(持ちネタ)は、驚きの要素に欠ける分、生じる笑いは弱いけれども、「シリアスじゃない(くだらない)」ことを執拗に強調してくるので、それなりに笑えてしまうのかもしれない。「くだらなさ」は、ただくだらないというそれだけのことで、<現在は安全な状態だよ!→ポジティブ感情>という、進化的な脳内サーキットを刺激するのだろう。くだらないものを見聞きするだけで、人間はきっと幸せになれるのだ。

■笑いと社会性について、笑いと他者について

 さあ、残された1.「笑いの社会性」について考えてみよう。さきほど「誰かの笑い声を聴けば、状況をよく理解できていない人でも「あぁいまは安全なんだ」「ホッとしていいんだ」とただちに把握することができる」と述べた。つまり笑いは本質的に他者に向けられたものである、ということだ。だからテレビのお笑い番組ではかならずギャハハという笑い声が過剰に被せられている。Muxtapeで笑い声を聴いた人は、ただ笑い声を聴くだけで笑えてしまったことだろう。ゲロゲロ笑いは感染するのだ。一人で居るときよりも、誰かと一緒にいるときの方が30倍も笑いやすい、という実験結果は有名だ。また、集団の大きさがユーモアに対してどれくらい笑うかに大きな影響を与える(集団が大きければ大きいほど笑いのレベルが上がっていく)という報告もある。1人でお笑い番組を見るよりも友達と2人で見た方が、また2人で見るよりも集団で見た方が、どんどん自分の笑いの激しさが上昇していくのだ。(これで、なぜ映画館では些細な場面にも爆笑がわき起こるのか、その謎が解けた)

 誰かの笑い声が聞こえるとポジティブ感情が刺激される(笑い声の知覚によって感情の座である扁桃体が活性化される)。ゲロゲロ笑いは、集団内の各個人の、感情と行動をカップリング(同期)させるという機能を担っている(“vehicles for coordinating the emotions of a social group”)。また、笑いを伝染させあうことによって集団の結束力と協力性を高めることができる。(はじめて参加した集団で自分の発言にみんなが笑ってくれたとき、俺も受け入れられた!と感じることだろう)

 面白いのは、自分が笑うときにも、他者の笑いを認知するときにも、同じニューラルネットワークが活性化されているという点だ。誰かの笑い声を聴くということは自分が笑うということであり、自分が笑うということは誰かを笑わせるということなのだ。

■フフフ笑い、ふたたび

 最後に、フフフ笑いにふたたび戻ろう。思わず笑ってしまうという伝染性のゲロゲロ笑いではなく、自分の発言に対して自分で笑ってコミュニケーションを調整したり、発言にメタ情報を付加したり(「一緒に花火行こうよw」←みたいなやつ)、苦笑したり、冷笑したりという、自発的なフフフ笑いはどのように進化してきたのか?

 ごく簡単に書けば、1.まずゲロゲロ笑いが(霊長類の笑いと連続的に)進化した、2.その後言語システムが進化した、3.他者のメンタルモデルを把握できるようになった(他者が何を考えているのか/自分の行動に対して他者が何を思うのかを想像しながら自分の行動を調整できるようになった)、4.ゲロゲロ笑いのシステムが、メンタルモデルを利用しながら、そしてまた言語システムと共進化しながら、ゲロゲロ笑いを誘発する刺激特性を概念的に利用できるようになった(たとえば、笑っておけば相手に嫌な感じを与えないだろう、とか、笑っておけばシリアスな話じゃないことになる=思い切ったことを言っても平気、とか、笑っておけば相手に伝わりやすいだろう、とか、苦笑すればストレスをやりすごせるだろう、とか、相手の行動を笑うことによって「おまえの行動はくだらない!」と伝えることができると気づいたり、とか)。

 このように、フフフ笑いは、ゲロゲロ笑いのさまざまな特性から派生して進化してきたのだろう。

■おわりに

 このように、笑いは、「驚き」「くだらない、取るに足らない、だから幸せ」「他者に伝える/他者と感情を同期させあう」の3要素に集約される。それでも、今回の記事をひとことで要約すれば、わたしたちの想像以上に笑いは社会的な存在である、ということになるだろう。純粋な私的言語などありえず、わたしたちの言語が哀しいくらいに他者性を胚胎しているように、笑いもまた、徹底的に他者性を刻み込まれた存在なのだ。論文の筆者たちは末尾にこのような趣旨の言葉を寄せている。文化的な制度や社会的な仕組みが人間を束ねていると思われがちだが、実は、文化的な制度よりもさらに根本的な機構が人間を束ねているのではないか――それは人と人との感情的な共振・共鳴・同期を支える笑いも含めた心のメカニズムなのではないか――と。つねづね「共感」をキーワードにしている自分としては、意を得たり、という感じだ。

 また、対象を「取るに足らない」と価値づけることによって相対的に自分たちの立ち位置が上になる、したがって感情的に満たされる、というのが笑いのメカニズムだった。笑うことによって、わたしたちはお互いの絆を深めることができる、苦難に満ちた世界へ手を取り合いながら進取していくことができる、しかし同時に、異質な他者を根本から排除し傷つけることもあまりにたやすい。笑いによって人と人を共振させることができる。しかし同時に人の絆を切断し他者を損ねることもできる。良かれ悪しかれ、それが笑いの構造だ。笑いの使い手の技量が問われているのだろう。笑いが誰かの憎しみを呼び起こすのではなく、笑いが笑いを増殖させていける、そのような<笑いの技法>とはどのようなものだろう。たかが笑い、されど笑い。<笑いの技法>を個人的な実存としてこれからも問うていきたいな、と思う。ゲロゲロとくだらないものをどこまでも愛しながら!m9(^Д^)


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (13 votes, average: 4.69 out of 5)
Loading...Loading...
64,830 views | add to hatena hatena.comment 63 users add to del.icio.us 3 users add to livedoor.clip 3 users |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=212



Amazon Related Search

10 Responses to “人はなぜ笑うのか / 笑いの進化論”

  1. edouard Says:

    今回も、大変面白い記事でした!とりわけ、

    >面白いのは、自分が笑うときにも、他者の笑いを認知するときにも、同じニューラルネットワークが活性化されているという点だ。誰かの笑い声を聴くということは自分が笑うということであり、自分が笑うということは誰かを笑わせるということなのだ。

    は、解釈のレベルで、とてもいい話をきいたなー、なんて、思いました。そういう、“なんだか素敵なこと”の類が、科学的根拠をもって示されうるってことは幸せだなーって。
    余談ですが、フフフ笑いの中でも、“鼻で笑う”って、また微妙に違うんじゃないかな、とも思いました。なんにせよ、面白い記事、ありがとうございました!

  2. にんかい Says:

    はじめてきました。
    おもしろいブログなのでブックマークしました。

  3. Gen Says:

    にんかいさん

    どうもありがとうございます。またよろしくお願いしますね。

  4. ksbst Says:

    面白いです。

  5. 笑い ストレスのまとめサイト【やる気が起きない…あなたへのアドバイス】 Says:

    […] 人はなぜ笑うのか / 笑いの進化論 – plaisir.genxx.comろな出来事に遭遇してストレスを抱え込んでも、へこたれず、あきらめず、ポジティブに生きていく必要が生じた。4.その際に、ゲロゲロ笑いはとても適応的なシステムだった。なぜなら、誰かの笑い声を聴けば、状況をよく理解できていない人でも「あぁいまは安全なんだ」「ホッとし…はてなブックマークより […]

  6. ゆぅずん Says:

    初めまして。こんにちは

    今回こちらの「人はなぜ笑うのか」を拝見しました。
    私は今論文で「笑い」をテーマに書こうと思っているのですが、こちらの「笑いは2種類ある」というの文は独自の考えですか?それともなにか参考資料かなにかから探したんですか?それともGervais, M. and D. S. Wilson (2005). “THE EVOLUTION AND FUNCTIONS OF LAUGHTER AND HUMOR: A SYNTHETIC APPROACH.” Quarterly Review of Biology 80(4): 395-430こちらの英文を和訳したものですか?

    もしよければ、今回の論文の参考資料として使わせていただけないでしょうか?

    お返事お待ちしております。
    メールはできれば上記のアドレスに送ってくださると幸いです。
    よろしくお願いします。

  7. 笑いを誘発する - たのしい検索 ゆかいな検索 Says:

    […] 人はなぜ笑うのか / 笑いの進化論 – plaisir.genxx.com […]

  8. 私生活があまり笑えないので“笑いのメカニズム”についての良Blog記事紹介 | T9M.info Says:

    […] すごく参考になるブログを発見いたしましたのでご紹介。 ・人はなぜ笑うのか / 笑いの進化論 […]

  9. 匿名 Says:

    とても面白かったです。

  10. 吉田恵一郎 Says:

     はじめまして、こんばんは。
    吉田恵一郎と申します。

    >すごく面白い場面に遭遇して思わずゲロゲロ笑ってしまう

    早速ですが、
    人間は面白い時に笑うのですね。
    思っていた通りですが、
    面白いを品詞で言えば、
    形容詞です。
    なぜか、漫画家とか、
    テレビ局の職員は、
    形容詞の形を光と影の影に当ててしまい、
    「けい」という、
    平仮名2文字を嫌っているのか、
    面白い漫画とか、
    面白いヒーロー物に全く当たらず、
    アニメを見るのが嫌になりました。
    だから、一体どんな時に面白いという、
    言葉を使えば良いのか、
    具体例を挙げて詳しく教えて欲しいです。

     それでは、この辺で失礼します。

Leave a Reply