1月 15

fuck off! (christmas2007#6)
Ricoh GX100 / Shibuya / Tokyo.

 以前、マイル厨のすすめという記事を書いた。ポイントは、現金で払ったら「損をしている」という感覚を持つというところで、ANA-VISAカードからEdyをチャージして決済すれば2.5%マイルバックという恐るべき還元率が実現されていた。ちまちま面倒くさいと馬鹿にするかもしれないけれども、自分はすでに、飛行機に搭乗したマイルを差し引いて純粋に決済分だけで、欧州往復航空券+国内往復航空券分のマイルを貯めましたよ。だけれども、金利のグレーゾーンがブラックゾーンに変わったり、サブプライム問題に端を発する金融危機の勃興等で、驚愕的に制度が改悪されてしまった。そこで、かつて扇動的な記事を書いた責任上、何が変わったのか、これからどうすれば良いのかについて少しだけ。最後に感動の名シーン付き。

1.ANA-VISAカードのマイペイすリボで2%還元、という制度が4月で廃止されてしまう。マイペイすリボのポイント倍付けは4/15〆分まで。だから、ANA-VISAカードの還元率はどうあがいても1%になってしまった。よって、このカードは使い道がなくなった。終了解約決定。あぁ…。他方、ANA-JCBカードの場合、前年利用額50万円未満の場合は還元率1%(ANA-VISAカードと同じ)、前年利用額50万円以上の場合は還元率1.2%、前年利用額100万円以上の場合は還元率1.5%となる。よって、マイルにこだわる場合は、ANA-JCBカードで決済せざるをえなくなる。

2.ANA-VISAカードからEdyやSuicaにチャージしても、マイルがつかなくなる。これまでEdy決済を行った場合、ANA-VISAカードチャージ(2%)+Edyマイル(0.5%)=2.5%還元だったのが、Edyマイルだけの0.5%還元になってしまう(Suicaに至ってはほぼ0%還元)。Edyチャージにポイントが付与されるのは、3/15チャージ分まで。モバイルSuicaにポイントが付与されるのは、3/10チャージ分まで。ちなみに、ANA-JCBカードはもうすでにチャージポイントがつかなくなっている。

3.ANA-VISAカードで貯めたポイントをANAマイルに交換する際に移行手数料が徴収されるが、それがこれまで2,100円だった。しかし、2100円で交換できるのは、3/31まで(最大3/15〆利用分まで移行可)。4月からは、6200円も徴収されてしまう(!)。だから、3月末までにマイル移行を済ませておく必要がある。ちなみにANA-JCBカードの移行手数料は2100円のままらしい。

 よって、戦略としては、

1.ANA-VISAカードは3月15日で使うのをやめる。3月末までにポイントを全部マイルに移行させて、解約。
2.3月15日からは、ANA-JCBカードによる決済に全面移行。
3.コンビニで決済する際に、もやはEdyやSuicaは役立たなくなってしまった。だから、

ローソン→ANA-JCBカード、もしくはおサイフケータイのQuikPayで決済
ファミマ→仕方なくEdy払い(0.5%還元)
セブン→現金(今年中にQuikPayで決済できるようになるらしい)
am/pm→仕方なくEdy払い(0.5%還元)
ミニストップ→ANA-JCBカード
サークルKサンクス→ANA-JCBカード

となる。なお、NICOSカードからチャージすれば、EdyやSuicaにチャージポイントがいまだにつくらしい。個人的にブリヂストンNICOSカードを持っているので、チャージの際にはこれを活用したい。このカードはかなりおすすめで、年間決済5万円以上で会費無料+JAF相当のロードサービスが無料で付いてくる+手厚い海外旅行保険が自動付帯する+還元率は1%程度。ANAカード改悪についての詳細はこちらへ。はぁぁ、もう疲れたよパトラッシュ…


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...Loading...
5,141 views | add to hatena hatena.comment 4 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=141



Amazon Related Search

Leave a Reply