6月 25

 (【11/16追記】8tracksに復活させました! Muxtapeの(とりあえず)最後の作品を公開。自分でいうのも変だけれども、レコメンドできる出来です。今回は、70年代黒人のうめき声が聞こえてくるspiritualなブラックジャズと、爽快で踊れて幸せな気持ちになるホワイトジャズの60minサマーミックス!黒白のバランスをどう取るか、いかにつなげば破綻しないか、いろいろと苦労しました。でもなんといっても自分が一番好きなジャズのミックスなので、作っていて本当に楽しかった。テーマは「湘南までの国道134号線で渋滞にハマっても夏を感じられるジャズ」w。納得の出来だったMuxtape Yellowがやはり一番評判良いみたいですが、今回のはそれに負けず劣らず気に入ってます。JazzといえばBill Evans, Miles Davisくらいしか知らないあなたにはよりJazz Loverになって欲しいし、「ジャズなんて踊れねぇよ…夏」とこぼしているあなたはこれを聴いてぜひ認識を改めてくださいな。1~3曲はspiritualなんですが、3曲目で止めないでね!そのあとは爽快なので。さらに、最後の曲は盤状態の悪いレコードから取ったので音質悪いですが、(・ε・)キニシナイ!上の猫画像をクリックして、リンク先で一番上の曲名をクリックすれば自動的に連続再生。うまくいかない場合はリロードを。感想お待ちしております!

TrackListing ()内は一言コメント

Continue reading »

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (3 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...Loading...
6,883 views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=210

6月 23

 これまでリラクゼーション系クラブ寄りのブラジル/アフリカ系と2本ミックスを公開してきましたが、新作ができました!今回は「夏のRock Music」がテーマです。「ロックとか聴かないんでしょ?」といつも言われるのが癪に触るので、ロックミュージックオンリーでゴリ押ししてみました。自分がジミヘンとかレディオヘッドとか使ってもしょうがないので、ちょっと考えて選曲した。でも「濃さ」に走っていないし適度にアッパーなので、本当に聴いてて気持ちいいと思います。1曲目とラストはThe BeatlesとBeachboysのマッシュアップ!あとラストの曲の最後にネタを仕掛けてあるので、通しで大音量で聴いて楽しんで下さい(早送りしちゃうとネタが気持ちよくないよ!)。リンク先で一番上の曲名をクリックすれば連続再生。今回はTrackListingにちょっと解説を加えときます。

TrackListing

*The Beachles – Today, Rita(The Beatlesの曲とBeachboysの曲をマッシュアップして合体させた曲。不思議な感じ) ミックスの流れが悪くなるので削除
*Koushik – Ew (Stones Throwが誇るロックもこなしちゃうアーティスト、Kousicの一曲)
*Koushik – Pretty Soon
*Soulwax – KracK(2 Many DJ’sが手がけるSoulwax)
*Soulwax – Miserable Girl
*Klaus Nomi – Total Eclipse(オペラ×ロック!有名人で世界初のエイズで亡くなった人としても有名なクラウス・ノミの一曲)
*Todd Rundgren – Determination(夏っぽいから上を消して入れた。グダグダだなこのmix…)
*Todd Rundgren – Hello It’s Me (夏といえばトッド・ラングレン!)
*The Soft Machine – Why Am I So Short?(ジャズとロックの中間)
*The Soft Machine – So Boot If At All
*Lynyrd Skynyrd – Free Bird(70年代の名曲中の名曲です。青空!海!)
*Blood, Sweat & Tears – Variations Of A Theme By Erik(エリック・サティの名曲をジャズロックアレンジ)
*Randy Newman – Sail Away(バラード)
*The Beachles – A Day in the Life of Caroline(ビートルズとビーチボーイズのマッシュアップ。この曲の最後にオチあり)

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...Loading...
4,000 views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 1 users |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=209

6月 21

 (【11/16追記】8tracksにMuxtape Yellowを復活させました!前回と同じく、自分が作ったMuxtapeをもうひとつ。アフリカとブラジルへ旅に出よう!かなりエスニックでアッパーな選曲です。夏っぽいといえば夏っぽい。やや汗苦しい気はするし、BPMもそれほど考慮していないけれど。クラブ系寄りな民族音楽。今回のは聴く人を選ぶ可能性大かも…。でも、4曲目あたりからHouseのビートが入ってきてかなり聴きやすいですよー。はじめの曲をクリックすれば自動連続再生。本当にハマれば気持ち良いんで、是非「通しで」聴いてみてください!(小声で自信作!とささやいてみる)

TrackListing []内はジャンル名

Madlib – Accordion For Raj [Break Beats]
Madlib – In The Cave [Break Beats]
Hossam Ramzy – Samya’s Solo [Tabla]
Vincent Montana Jr. – The African Track (Louis Benedetti Mix) [House]
Matthias ‘Matty’ Heilbronn – The Greatest Thing (Carlito’s Way) [House]
Louie Vega & The Elements Of Life feat Anane – One Dream [House]
S Tone Inc – Beira Do Mar [Latin]
Jackson Conti – Upa Neguinho [Latin Jazz]
Tania Maria – Lemon Cuica [Latin]
Azymuth – Aguia Negra X Dragao Negro [Latin Fusion]
Hermeto Pascoal & Aline Morena – Solitano Os Bichos [Latin Pops]
Hermeto Pascoal & Aline Morena – Xote Cavaco [Latin Pops]

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (5 votes, average: 4.60 out of 5)
Loading...Loading...
7,674 views | add to hatena hatena.comment 3 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 1 users |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=208

6月 21

 (【11/16追記】8tracksにMuxtape Blueを復活させました!Muxtapeという、自分が持っている音源をアップロードしてミックステープを公開することができるウェブサービスがあるんですが、せっかくなので自分も作ってみました。今回のテーマは、”Blue”。ゆったりとリラックスできる、空間を占有しない”Blue”なバラード中心の音源を、ロック・クラシック・ジャズ・ラテン・J-pop・フレンチポップスからマニアックに集めてみた。ロック好きな人もクラシック好きな人も聴けるように。自己主張を抑えながら(笑)気合い入れたので、ぜひ聴いてください。

 今回のmixtapeの「売り」は、ロシアが誇るあの謎の楽器、テルミン。これで癒されなかったらもうこのブログを読まなくていいですw これからも、ジャズ、ロック、テクノ、ハウス、ソウル、エレクトロニカ、ファンク、ヒップホップ、現代音楽、なによりも夏向けミックステープ、これらに特化してどしどし公開していく予定なので、ぜひ期待していてくださいな。いまこそ1TBのiTunes音源が火を噴きます!(著作権的にかなりグレーなサービスだと思うので、まちがってもダウンロードの仕方を検索しちゃダメだよ!) 再生は、Muxtapeのページを開いて、一番上の曲名をクリックすれば、あとは自動で連続再生されます。うまくいかない場合は、リロードを。それでは素敵な週末を!

TrackListing

Soulwax – A Ballad To Forget (Rock)
Silje Nergaard – Blame It On The Sun (Jazz×Pops, Stevie Wonderのカヴァー)
Kahimi Karie – Plastic bag (French Pops)
やの雪 and Aeon – Ave Maria (Termin)
Charlie Haden – At The Edge Of The World (Jazz)
Elizete Cardoso – Janelas Abertas (Latin)
Room Eleven – It’s Raining (Pops)
mondialito – lavande (French Pops)
Piana – 優しい歌 (J-POP)
Tom Waits – A Sight For Sore Eyes (Rock)
やの雪 and Aeon – Cavalleria Rusticana-Intermezzo (Termin)
Charlie Haden Quartet West – Moment Musical Opus 16 no3 in B minor (Jazz×Classical)

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4 votes, average: 4.75 out of 5)
Loading...Loading...
4,753 views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 1 users |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=207

6月 20

hoping in the first day of 2007
Ricoh GX100 / Nagoya.

 『西洋音楽史―クラシックの黄昏』の書評。これは素晴らしく素晴らしい新書。「お買い得」というほかない。ベートーヴェン、マーラー、ドビュッシー…クラシック音楽について、浮島のように断片的な作曲家の知識と視聴経験しか持ちあわせていない自分みたいな人間にとっては、非常にありがたい一冊。なぜならこの本は、著名な作曲家の生い立ち、苦難の人生、作曲技法、代表的楽曲を時系列的に解説した本ではないからだ。著者の述べるとおり、「この本の主役は西洋音楽の「歴史」であって、個々の作曲家や作品ではない(p.ii)」。たとえクラシック音楽にそれほど興味がない人でも、「歴史」を知る悦びに包まれながら、おそらく本書を読み通すことができるだろう。「歴史」はみんなのもの。ロックやポップスしか聴かないあなたこそ読むべきです。

 わたしたちが大好きな「今」の音楽は、脈々とした音楽史の歴史に支えられている。歴史を知れば、「今」の音楽を相対化できるようになる。「大航海時代以来、とりわけ19世紀において、西洋芸術音楽は世界中に伝播して、いたるところで現地の伝統的な音楽を駆逐し、世界中の音楽を西洋化していった。(中略)もちろん今日では、西洋芸術音楽にかつての力はない。現代はアメリカ主導のポピュラー音楽帝国の時代である。それでもなおわれわれは、音楽には楽譜があり、楽譜とは五線譜のことで、楽器といえばピアノやヴァイオリンやフルートやサックス(せいぜいドラムやギター)、音階はドレミファ、和音はドミソやシレソと信じて疑わない。そしてこれらはすべて、西洋芸術音楽帝国が [18世紀から20世紀初頭にかけてのクラシックの時代に] 築きあげたシステムなのである(p.6)」。また、クラシック音楽もおなじく、過去の歴史に深く支えられている。「西洋芸術音楽は1000年以上の歴史をもつが、私たちが普段慣れ親しんでいるクラシックは、18世紀(バロック後期)から20世紀初頭までのたかだか200年間の音楽にすぎない。西洋音楽の歴史を川の流れにたとえるなら、クラシック音楽はせいぜいその河口付近にすぎない(p.i)」。そこで著者は、川を源流から河口にむけて一気に下る旅に出発する。そのたどり方が美しい!

 本書がしばしば――時として音楽そのものについて以上に――音楽の文化史的なバックグラウンドに言及するとすれば、それは「どんな人が、どんな気持ちで、どんな場所で、どんなふうに、その音楽を聴いていたか」を、可能な限り描写したいという気持ちからである。(中略) 私自身は、たとえ西洋音楽といえども、それはあくまで深く「場」に根ざした音楽、つまり徹頭徹尾「民族音楽」であると確信している。たとえそれが「世界最強の民族音楽」であるとしても。(p.ix)

Continue reading »

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 votes, average: 4.50 out of 5)
Loading...Loading...
52,442 views | add to hatena hatena.comment 10 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=206

6月 05

 ひさびさに半端ないフリーのミックスを見つけたので、ご紹介。これはヤバい。超おすすめ。2 Many DJ’sが過去の膨大な音楽からイントロだけを抜き出した20分のミックステープ。5/19にBBCで放送されたものだそうな。The Beatlesあり、Metallicaあり、Nirvanaあり、Marlena Shawあり、David Bowieあり、XTCあり、Art of Noiseあり、Minnie Rippertonあり…と、ジャズ・ロック・ポップス・レゲエ・ハウス・ソウル問わず、キャッチーで胸キュンのイントロラインだけがぎっしり詰まってる!ただのイントロの寄せ集めではなく、豪快につないでミックスの自体の物語が完成しているところはさすがとしかいいようがない。それにしてもハイテンションがみなぎって激しく気が散るミックスだ(苦笑)。でも朝眠いときはこれで準備すれば、たぶん完璧。超オススメ。(via: iGotさん

 上の写真をクリック→Download Now!→60秒待ってダウンロード。下にTrackListingを載せておきます。いやぁ、爽快。これ聴いてるあいだは梅雨とか関係ない。

Continue reading »

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (3 votes, average: 4.67 out of 5)
Loading...Loading...
14,451 views | add to hatena hatena.comment 11 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=205