2月 13

stand him up

Nikon Coolpix / Shibuya / Tokyo.

 ハーバード大学の心理学教授、Steven Pinker(スティーブン・ピンカー)がNYTに書いた道徳の認知科学についての記事を紹介した、前回のエントリーのつづき。

■道徳の進化的・普遍的な5要素

 心理学者のJonathan Haidtや文化人類学者のRichard ShwederとAlan Fiske によれば、道徳的思考モードが喚起される(進化的に備わった普遍的な)条件は、次の5要素に集約されるそうだ。この5つが道徳性を支える進化的・認知科学的要素であり、これらの要素が犯されたときに道徳的思考モードが立ち上がり、人々は怒り狂いはじめるという。

1.Harm(他人を害するのは良くないこと/他人を助けるのは良いこと)
2.Fairness(親切にされたらお返しすべし/利他的な者を褒め、裏切り者を罰するべし)
3.Community(集団への忠誠を誓い、一致団結し、集団の規範に従うべし)
4.Authority(合法的・正統的な権威に従うのは良いことであり、高い地位の人間を敬うべし)
5.Purity(清らか・清潔・神聖なるものを賞賛し、汚れたもの・汚染されたもの・肉欲にまみれたものを嫌うべし)

Continue reading »

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...Loading...
12,922 views | add to hatena hatena.comment 29 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=187

2月 12

christmas2007#2
Ricoh GX100 / Shibuya / Tokyo.

 道徳の認知科学。スティーブン・ピンカーがNew York Timesに寄稿していた文章、The Moral Instinct(道徳という本能)がでらおもしろすだったので、ご紹介。現時点でわかっている、道徳の進化心理学的・脳科学的基盤をわかりやすく噛み砕いて論じた記事です。長いので、2回程度に分けて。翻訳ではなく面白いところをかいつまんで意訳するので、興味ある人は原文を当たってくださいな。

■道徳というスイッチ

 まず、認知科学で「道徳」の問題をなぜ扱うと面白いのかといえば、それは科学の枠内で「生きる意味」に接近できるからだとピンカーは述べる。道徳という心理的状態は、スイッチによってオン・オフと切り替えられるようなものであり、スイッチがオンになったとき、独特な心的状態がわたしたちの思考を奪い取る。「好みにあわない」「古くさい」「軽率だ」と感じるときの心的状態と、「非道徳的だ」と感じるときの心的状態は、まったく異なっている。

Continue reading »

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...Loading...
10,895 views | add to hatena hatena.comment 15 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=186

2月 03

 ハーバード大学のDani Rodrik(経済学)のブログで面白い論文が紹介されていた。プリンストン大学のAngus Deatonが書いた”Income, aging, health and wellbeing around the world : Evidence from the Gallup World Poll”(2007)という論文。ここで読める。世界132カ国の人々を調査したGallup世論調査のデータをもとに、世界各国で所得と幸福度の関係はどうなっているのかについて考察した論文。上図の横軸は一人当たり国民所得を示し、縦軸は「あなたの人生はどれくらい幸福ですか?」という質問をたずね0~10の数値で自己評定させて得た回答の平均値を示す。それを各年齢層ごとに分けて示したものが、上図。幸福度の平均値は一人当たり国民所得と強い関連を持っており、一人当たり国民所得が2倍増えると幸福度が約1ポイント増加する、と筆者は結論している。つまり、この論文は、貧しい国々の人々は金銭的には貧しいけれども心は幸福だ、という幻想を打ち砕いている。平均すると、(国民所得が)貧しい国々の人々は豊かな国々の人々よりも幸せを感じていない、ということになる。(精読せずざっと読んだだけですが)

 これは以前の記事でいう「レベル2の幸福感」を調べたもの。やはり金銭的に裕福であれば幸せを感じることができるのか?という疑問を抱いたついでに、『目からウロコの幸福学』(ダニエル・ネトル)の中で所得(金銭)と幸福の関係がどう論じられていたのかについて、確認しておきたい。以下の文章も、「レベル2の幸福感」についてのものです。さて。上の図を見て奇妙なことに気がつかないだろうか?そう、多くの人々は自分の幸福度が4以上であると回答している。つまり、幸せ方向に回答が傾いている。

Continue reading »

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 4.00 out of 5)
Loading...Loading...
18,830 views | add to hatena hatena.comment 33 users add to del.icio.us 2 users add to livedoor.clip 2 users |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=185

2月 01

・結論から言えば、dlitさんの”「生きる意味」をかけて「科学的事実という土俵」で戦いを挑んでくる相手に対して、その「生きる意味」を傷つけずに科学的事実における批判だけを行い対抗する上手い方法について、もしアイディアがあるのであれば、ぜひ今後のエントリで広く発信していただければと思います。”というコメントを真摯に受け止めたいと思います。具体的事例(言説)を参照しながら、その範囲内で上記の内容に関連した提言を行うときを除いて、今後、疑似科学批判問題に関する言及は控えたいと思います。現時点では、まだ整理がついていない部分がありますので。

Continue reading »

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 3.00 out of 5)
Loading...Loading...
5,405 views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=184

2月 01

gradation
Ricoh GX100 / Takeshiba / Tokyo.

※様々なところからリンクを張られて騒ぎが大きくなっているみたいなので注記しておきますが、【科学であると誤解されていることが被害を発生させている状況】について、疑似科学を肯定する気は全くありません。本記事は、「水からの伝言」を肯定するものではありません。「血液型性格論を信じている奴って馬鹿だよね」的な(素朴な)暴力について懸念を表明した文章であり、疑似科学批判全般を批判する意図は一切ありません。

 「疑似科学を批判する人は謙虚であれ」という言い回しは抽象的なので、今一度主張を明確にしておきます。「謙虚であれ」とは、つまり「何を批判しているか自覚せよ」ということです。これは、思索の海さんのコメント欄に書いたことと基本的には同じですが。

 科学者が疑似科学信仰者を批判するとき、二つの水準(レイヤー)が混在しています。

1.事実のみに関わる純科学的な批判
2.道徳的・政治的な批判

Continue reading »

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...Loading...
14,525 views | add to hatena hatena.comment 12 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 1 users |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=183

2月 01

 素晴らしいサイトを見つけてしまった。日替わりでMagnum Photosの写真が15枚ほど無料で観られるサイト。写真の下に背景説明までついている。今日から巡回決定。写真ブログを毎日見てる人なんかには特にオススメ。歴史的名作といえる写真が随所に登場してきます。上の写真をclick。マグナムフォトは説明不要かと思いますが、かつてはブレッソンやロバート・キャパなどを抱えていて、現在も写真界のある意味トップを走っているグループ。なお、リンクを飛ぶと強制的に日付入りのURLに転送されるけれど、日付をいじるだけでたくさんの写真を観ることができる。たとえば、
http://todayspictures.slate.com/20080131/というURLを
http://todayspictures.slate.com/20080130/にしてやる、という具合に。飽きない。凄いなぁ。

 あと、inmotionsという特集コーナーも素晴らしい。このコーナーは毎日更新されるわけではないけれど、あるテーマについて、Flashでまとめられた写真を観ることができる。たとえば、チェルノブイリについての特集のように。こちらも超オススメ。Magnam PhotosのVideo Podcastまで存在していたとは。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...Loading...
5,149 views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 1 users |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=182