11月 29

DSC_2393
Nikon D40 / Ishikawa pref.

 10+1 web siteという、都市・建築関連の書籍を数多く出版しているINAX出版が運営しているサイトがあり、このサイト自体建築好きにはたまらないものなんですが、その中でも特に、”世界を巡り都市の建築物を紹介してゆく「Photo Archives」”というコーナーは素晴らしいと思いますね。これまで86回、五十嵐太郎さんが企画されているんですが、世界各国・数多ある都市の建築写真を眺めているだけで、いますぐにでも成田空港に駆けつけてしまいたくなります。最新回はバウハウス建築について。もしこのサイトを知らない人がいれば、ぜひ。Mail Magazineも面白いですよ。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...Loading...
3,915 views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=129

11月 26

chanel
Ricoh GX100 / Roppongi.

 たまには上みたいな写真も撮るけれど、心底、人を撮るのが好きだ。人間が大好きだから。スナップ写真を撮るとき、もし腰が引けるなら、ファインダーをのぞかなくてもいいから、もう一歩踏み込もう、被写体に近づこう、そう自分に言い聞かせてきた。でも最近、とても怖い。いろんな意味で。もしかしたら、もうこんな写真は撮れないかもしれないなぁ。今回は、今年日本で撮った、生の輪郭が滲んでいる(と自分が感じた)スナップ写真に、恥拙な文章を添えてみました。あくまで写真が主役なつもりです。GR Blog トラックバック企画『スナップ』に参加。

Continue reading »

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (9 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...Loading...
4,327 views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=128

11月 22

Cambodia Angkor Wat#1
Nikon FM3A / Agfa Ultra100 / Angkor Watt / Cambodia.

 今年の春、カンボジアを訪れた。カンボジアで何を見て何を感じたのかを、いまさらながら書いておこうと思う。撮った写真をまとめながら。

 カンボジアをいま振り返って、たちどころに脳裏に浮かび上がるのは、夜の街に立ち籠める、若者たちの猥雑な熱気だ。10代半ばから20代中盤までの男女の、時に性的なエネルギーが、ある一定の方向に統制されまとまった力となるのではなく、無秩序に、混沌として、街という容器に充満している。方向なき熱気が飛び交う若者の王国、the kingdom of youth、そう感じた。あるいは別の言い方をすれば、若者を統制する大人が少ない、人口構成比がかなり歪んでいる国、という印象を強く受けた。

 この印象を裏付けようと、カンボジアの人口ピラミッドについて調べてみた。直感は当たった。カンボジアは、ご存じのとおり、1970 年、政府の経済政策の失敗によりクーデターが勃発し、1991年にパリ会議が開催されるまでの22年間、内戦状態にあった。また、1975 年から1979 年にかけて、3年8か月のポル・ポト政権下で、およそ200万人が虐殺されたと言われている。

Cambodia#5
Nikon FM3A / Agfa Vista400

Continue reading »

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (6 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...Loading...
12,521 views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=127

11月 20

 11月22日(木・祝前日)に新木場Agehaにて開催されるTokyo Crossover Jazz Festival 2007というクラブジャズの祭典は外せないですね!告知までに。前エントリの書評で取り上げた沖野修也さんが中心となって活躍されてます。個人的に今回は、

Rainer Truby 1) ジャイルス・ピーターソン、ジャザノヴァと並ぶジャズ界のトップランナーであり、名門レーベルCOMPOSTの大黒柱、トゥルービー・トリオのメンバー。ジャズ、クロスオーヴァーを中心にハウス、ブラジル、ソウル、ラテン、はたまたテクノやドラム&ベースまでさまざまなジャンルの音楽に精通し、幅広いサウンドを展開する希有なアーティスト。

沖野修也×Sleepwalker 2) 中村雅人(SAX)、吉澤はじめ(PIANO)、池田潔(BASS)、藤井伸昭(DRUMS)からなる4人編成のJAZZ BAND。国内の主要クラブで、クラウドをJAZZの生演奏で魅了させる事のできる唯一のグループ、 それがSLEEP WALKER。

そして

CRO-MAGNON(Jazzy Sport) 3)直後の結成から数多くのライブ活動やアナログEPのリリースなどで話題を呼んでいた“cro-magnon(クロマニヨン)”。ソウル・ミュージックを軸に、ヒップホップ、ハウス、ダブ、ジャズ、ファンク、レゲエなどあらゆるジャンルのサウンドを取り入れつつ、トリオというスタイルでの独自の可能性を追求してきた新世代型ダンスミュージック・バンド

の生Liveに期待しています。当日券5000円。もし、一緒に行きたいという危篤な人がいれば、mixiかamourix@gmail.comまで!

References   [ + ]

1. ジャイルス・ピーターソン、ジャザノヴァと並ぶジャズ界のトップランナーであり、名門レーベルCOMPOSTの大黒柱、トゥルービー・トリオのメンバー。ジャズ、クロスオーヴァーを中心にハウス、ブラジル、ソウル、ラテン、はたまたテクノやドラム&ベースまでさまざまなジャンルの音楽に精通し、幅広いサウンドを展開する希有なアーティスト。
2. 中村雅人(SAX)、吉澤はじめ(PIANO)、池田潔(BASS)、藤井伸昭(DRUMS)からなる4人編成のJAZZ BAND。国内の主要クラブで、クラウドをJAZZの生演奏で魅了させる事のできる唯一のグループ、 それがSLEEP WALKER。
3. 直後の結成から数多くのライブ活動やアナログEPのリリースなどで話題を呼んでいた“cro-magnon(クロマニヨン)”。ソウル・ミュージックを軸に、ヒップホップ、ハウス、ダブ、ジャズ、ファンク、レゲエなどあらゆるジャンルのサウンドを取り入れつつ、トリオというスタイルでの独自の可能性を追求してきた新世代型ダンスミュージック・バンド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...Loading...
3,632 views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=125

11月 20

 久々の書評です。「クラブDJからiPodユーザーまで~DJプレイやミックスCDの質を向上させる世界初の選曲ガイドブック」と銘打たれた、2005年11月に出版されたこの本は、結構売れたみたいだけれども、本著での、沖野さん(Kyoto Jazz Massiveというグループ、あるいは渋谷にあるThe Roomというクラブを主宰していることで有名)の姿勢は、見事なまでに一貫しています。

 端折って言えば、沖野さんがショボいと感じるDJが跋扈している現状に、怒りをおぼえ、その状況を打破するために、「優れたDJ」を選別する基準を作ろうとした。「優れたDJ」を見分けるなんらかの基準を作るには、知的な態度を取り、選曲に対する客観的な分析を行わざるを得ない。これまで体系的な理論などまったく存在しなかった、選曲という分野を、手探りで考えてみよう…ということです。この本の一番の醍醐味は、ある学問分野が誕生するその瞬間につねに光り輝いていたであろう、みずみずしい萌芽の息吹を、DJ(選曲)という分野において、感じ取ることができる点。この本は、優れて、「選曲」についての科学が誕生する瞬間のドキュメントなわけです。そのエネルギーは手放しで評価したい。

 それにしても本当に学問の作法に似ていて驚きますね。雑多な事実(facts)から、帰納法的に法則を導き出す、いわゆる「質的調査法」を、選曲という分野で見事に実践されているわけです。この本は250ページあるけれども、理論解説部分が前半120ページ、後半の130ページは(文化人類学でいうところの)フィールドノーツになっているわけです。(著名DJのmixを具体的に取り上げて、前半部分で確認した理論を、実地に検証している)

Continue reading »

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...Loading...
22,189 views | add to hatena hatena.comment 14 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 1 users |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=124

11月 20

Black and White
Nikon FM3A / Agfa Vista400 / Taketomi Island / Okinawa.

 パソコン(iTunes)でデータとして管理された音楽を聴くご時世です。いまさら言うまでもなく、これは今後一貫したトレンドであると感じます。1.CDを収納するスペースが要らない(HDDというわずかな物質的スペースを確保するだけで良い)、2.キーワードを打ち込むだけで聴きたい曲に瞬時にアクセスできる、3.自分の再生履歴をいとも簡単に記録できるし、プレイリストを作ることによって、容易く選曲することができるのだから。mixi musicの利用者も徐々に増えている(=パソコンで音楽を聴く層が拡大している)ようです。iPodがMDに取って代わったように、パソコンベースのオーディオシステムが、従来のCDを中心としたオーディオコンポを駆逐する日は近いでしょう。今後、パソコンで音楽を聴く層が主流となり、音楽にそれほど興味がない層は携帯電話で流行の音楽を聴き、他方、オーディオマニアが(金のかかる)趣味として高音質路線に走り、レコード(Vinyl)・SACD・ブルーレイディスク等を愛でていくのだと思います。

 そこで俄然注目したいのが、自分も愛用し、何度か言及しているけれども、Last FMという無料のWebservice。これはmixi musicに似たもので(もちろんLast FMが先駆者ですけど)、自分がパソコンもしくはiPodで聴いた音楽を、自動的にデータベース化してくれるサービスです。先日、エキサイト社が、日本での運営から手を引くというリリースを発表したけれども、早すぎたのかな、勿体ないなぁ、と感じます。

 Last FMが本当に凄いのは、自分と音楽趣味が似ている他のLast FM利用者を、各ユーザーの再生履歴から自動的に割り出して、レコメンドしてくれる点。その人のページを辿り、リスニング上位のアーティストをチェックすることによって、自分が気に入りそうな、でもこれまで気づいていなかったアーティストを、簡単に把握することができる。これは本当にありがたい。Amazonには「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」という機能がついている。これはモノ(商品)・ベースのデータマイニングだけれども、Last FMはヒト・ベースでレコメンドしてくれるので、SNS的な性格を併せ持つわけです。

Continue reading »

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...Loading...
5,239 views | add to hatena hatena.comment 12 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 3 users |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=123