9月 13

 インフレの統計数値と生活実感がかみ合わない理由。つまり、インフレはまだら状に進行している、と。嗜好品の物価down、生活必需品の物価up。以下、abstractionをメモ。(PDF)低所得者層を苦しめる物価の二極化 – 第一生命経済研究所より。

○ 日本経済は年明け以降、コアCPIの前年比がマイナスを続けているが、物価が下がっていると感じる消費者は必ずしも多くない。今回のCPIコア前年比マイナス局面は、過去と比べて教養娯楽や家具・家事用品、住居費の押し下げ寄与が大きい一方で、生鮮商品を除く食料や保健・医療、諸雑費といった低所得世帯の消費支出に占める比率が高い生活必需品の価格上昇率はむしろ加速しているという特徴がある。

○ 国内のインフレ率を判断するにはコアCPIの前年比が一般的に用いられるが、この統計では所得階層による消費構造の違いを考慮せず、一国全体の消費構造から判断するため、所得階層の違いによって消費者が感じる物価変動とかい離が生じる。

○ 全国のコアCPⅠを所得階層別に算出し直すと、年収200万円未満の低所得者層が実感するコアCPⅠは2007年4月以降前年比でプラスに転じており、年収1500万円以上の高所得者層が実感するコアCPIよりも前年比で+0.2%ポイント、2005年を100とした水準で+0.3%も高くなる。背景には、年収1500万円以上の世帯では生活必需品の購入割合が37%程度しか占めない一方で、年収200万円未満の世帯では生活必需品の購入割合が67%程度を占める消費構造がある。

○ 所得格差の拡大に加え、購入する財やサービスの価格が低所得者ほど上昇していることも高所得者層と低所得者層の生活格差を拡大させる要因となる。この状況で消費税率を一律に引き上げれば、低所得者層ほど消費性向が高まることで生じる消費税の逆進性の問題に生活必需品の値上がりが加わり、低所得者層の実質的な負担がさらに増してしまう。諸外国でも導入されているように、食料品などの生活必需品の消費税率を軽減する軽減税率を適用すること等により、低所得者層の負担を軽減する政策が必要だ。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...Loading...
3,868 views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=101

9月 13

R0015519
Ricoh GX100 / Azabu Jyuban / Tokyo

 ”少なからぬ女が男にリードされることを望んでいます。それは相手に従属するとか、相手を盲目的に慕うとかいう意味ではなく、むしろ男に「わたしの露払いになってほしい」と望んでいるのです。”(参照

 これは美味い表現だな、と思った。「露払い」。<ワイルドで男らしい俺様系>vs<優しいけど優しいだけの人>みたいな陳腐な定型的プロトタイプで語られることが多いけれども、男らしさって、自分が未知のものに飛び込んでいって、道筋を拓いて、勇気をもって露払いできるかどうかってことなんだよな。

 それは相手に自分の価値観を押しつけるのとはちがう。一番くだらない例で考えてみよう。一日新宿でデートをしたあと、夕日がビルの陰に沈み、どこでご飯を食べようかという話になったとする。俺様系は言う、「俺はラーメン食べたい、ラーメン屋行くぞ」。これは、価値観の押しつけ。優しいだけの男は言う、「えっと、どこでもいいよ。何食べたい?どこ行きたい?○○ちゃんの一番好きなものを食べよう」。これは、丸投げ。自分で不確定性に飛び込んで、道筋を切り開く(露払いする)面倒くささから逃げているだけ。決断の責任を引き受ける勇気がないだけ。露払いできる男(笑)は言う。「とりあえずあそこの店をのぞいてみよう。フィーリング合わなかったらすぐ店を出ればいいし。ついてきて」。

 面倒くさいことや、判断の基準がよくわからないことを、自分が体当たりして飛び込むことによって、不確実性を縮減して、相手にシンプルな形で示す、露払い的な態度。これが、「男らしさ」だよね、とふと思った。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...Loading...
8,679 views | add to hatena hatena.comment 2 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=100

9月 13

DSC_1173

 買った。ミハラヤスヒロさん、ブランドとしてはそんなに好きじゃないんですが、デザインが気に入って衝動買いしてからブランド名に気づきました。それにしても、着色(メタルコーティング)した革は扱いが大変ですなぁ。すぐボロボロ剥がれてくるし、傷つきやすいし。そして今日も冴えない天気。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...Loading...
7,339 views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=99

9月 12

 前に「音楽管理とiTunes」という記事を書いたことがあって、その中で、アートワークはgoogleのイメージ検索をフル活用して取得すべし、と書いたのだが、そうはいっても、Amazonからアルバムジャケットの画像を引っ張ってくることが多いと思う。

 ところが、Amazonからジャケットの拡大写真を引っ張ってくると、最近むだに(ジャケット画像のまわりに)白い空白部分が入り込んでしまうことがある。(たとえばこの記事を見てもらえば、無駄な余白が入り込んでしまっていることがわかるとおもう)。これは困ったなと思っていたら、回避方法を見つけたので、ご紹介。便利!

1.Amazonのページで、ジャケットの拡大写真を表示
2.表示した写真のURLをコピーする(IEなら、右クリック→プロパティでみれるURLをコピー)
3.2のURLから、「_SS500」の部分を削る
4.そのURLでふちなし画像GET

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (9 votes, average: 4.11 out of 5)
Loading...Loading...
48,182 views | add to hatena hatena.comment 23 users add to del.icio.us 6 users add to livedoor.clip 1 users |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=97

9月 12

Distance

unclassified | Tags: , | Distance はコメントを受け付けていません。

solitude
Ricoh GX100 / Ikebukuro / Tokyo

 右翼の街宣車に乗せてもらった!が面白かった。もっとも、はてなブックマークでは、もはやかなり開拓されてしまったようだが。

 このHP(やってみよう研究会)の書き手さん(京大院生?もう就職した?)の文章は、結構胸に来るものがある。他の体験記も味わい深い。北朝鮮旅行ネタとか、安部公房の小説『箱男』をリアルに演じてみた話とか。書き手さんは、なんというか、扱う対象に対する距離感が絶妙なんだよなぁ。遠すぎず、近すぎず、屈折していない関係性を対象と切り結んでいる。それが「淡々としている」という印象を生む。

 対象に「遠すぎない」という点について。書き手さんが、一般に目新しい対象を、「ネタ」扱いしない点がとてもすがすがしい。珍奇な対象を、「ネタ」扱いした時点で、書き手は絶対的に安全なポジションに逃げ込んでしまう。「ネタ」って言葉は自分もよく使うが、よーく考えてみれば、卑怯な言葉だよ。これからはなるべく使わないでおこうと思う。何を言ったって、何を扱ったって、「これはネタだから」の一言で逃げれてしまうんだから。いわば免罪符として、「しょせんネタだよ」と言い訳するわけだ。「ネタ」的な目線って、究極の上から目線だと思う。

 「ネタ」的な目線の対極に、「当事者絶対主義」みたいな、対象に「近すぎる」気持ち悪いポジションの取り方もある。たとえば、ひきこもりについて論評した文章に対して、「いや、この人の文章はひきこもりの気持ちをなにもわかってない。俺は昔ひきこもりだったけど、実感と違うな。だからこいつの文章はクソだ」みたいな批判が来て、論評の書き手も必死に、「本物のひきこもり」に認められるようにと、頑張って当事者にべったりするような構図がある。これは気持ち悪い。ポストコロニアル的な批判言説もそうだけど、「当事者や、実際に体験した人の意見は絶対」みたいな風潮には、決して流されてはいけないと思う。それぞれのポジションにもとづいた、いろんな見方があって当然なんだから(自分は自分自身のすべてを知り得ないでしょ?)。当事者であることは、そんなに偉いことじゃない。その点、この「やってみよう研究会」の書き手さんは、当事者の見方が絶対だとも考えていないし、素直な(日常生活においてシンプルにあるような)距離の取り方をしている。はてなブックマークの誰かのコメントにもあったけど、これって素晴らしく「ジャーナリズム」だよなぁ。おすすめ。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...Loading...
3,462 views | add to hatena hatena.comment 1 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=96

9月 11

 ソニーがRollyという摩訶不思議な音楽プレーヤーを発売した。音楽に合わせてダンスを踊るという。雰囲気は、ここのページの中段にある動画を見てもらえればつかめると思う。お値段は39800円!

 で、当然のことながら「Sony狂ったか」とか「うはwwwwww」とかバカにされてるんだけれども、右ならえでバカにするよりも、Rollyに価値を見出すほうが難易度が高く美味しいので、トライしてみる。「ソニーの人工知能ロボット「AIBO」の開発チームが加わって開発した新発想のRolly」とニュースに書いてあるから、このRollyを、犬型ロボットAIBOの延長戦上にある商品だと位置づけたうえで、ふと思い出したのが、『文化人類学』71(2007年3月)のpp.518-537に載っていた久保明教さんの論文、「媒介としてのテクノロジー エンターテイメント・ロボット「アイボ」の開発と受容の過程から」。

Continue reading »

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...Loading...
5,440 views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=95