8月 03

 良い文章だなぁ。筆者が考えているすすむべき方向性と、その方向性を(生活実感をともなって)読者に想像させる物語性が絶妙に融合している。こういう書き方をさいきん忘れていた。ところで、なぜEconomist誌は読むに値するか?それは、グローバリゼーションに対する上の文章のような方向性を、どの雑誌よりも責任をもって引き受けているからだとおもう。「責任をもって引き受ける」とは、道徳やモラルに逃げ込んで主張を正当化しようとしない、ということ。

 フラット化の側面として、強い者はより強く、弱い者はより弱く―良くも悪くも、効果が増幅されるという面はあるかもしれない。これまでは、狭い限られた地域の中での競争だったのが、生活コストが全く違う世界中の国の労働者との戦いになるからだ。大きなうねりが始まったら、その変化は止められない。しかし、恐怖に駆られてではなく、世界は安全ではないことを理解した上で、それでも敢えて前向きに生きる人が多ければ、きっと世界にはもっと良い意味が付けられていくのだろう(例えば絶対的な極度の貧困の減少など)と私は信じている。(上記リンク先より)

 Economist誌は、上記引用部の、「それでも敢えて前向きに生きる人が多ければ」の部分を、徹底的に掘り下げて記事を書いている。どうすればより多くの人が前向きになれるのか?前向きになることを制約している条件はなにか?前向きになることを可能にするシステムとはなにか?などなど。開かれていることが孕む、リスクとチャンスへの深い洞察。道徳やモラルによってなにかを閉じてしまうこと、それがいちばん恐ろしいと自分は思う。

 自分を犠牲にして、他者(社会)のために善い行いをすること。あるいは、他者(社会)を犠牲にして、自分のためだけのメリットを求めること。どちらもぜったいに長続きしない。自分も他者も相乗りできる利益を実現する方法を模索すること。いいかえれば、持続可能なエゴを実現する道を探すこと。そこにしか道はないと思う。

 だから、たとえば「格差社会」を話題にするときも、「格差は良くないこと」「救わなきゃ」という前提から論をはじめる人間を自分はまったく信用しない。格差社会を是正して、じゃあ、自分にどんな利益があるの?あるいは、どういう相互利益があるの?そこから考えないと、どんな解決策も短命に終わると思う。

 他人は利用すればいいんだよ。でも、他人を利用するには、自分もなにかメリットを差し出して利用されなきゃ、相手は長期的な関係を築いてくれない。お互いに利用し合っていて、均衡を保っている状態。それが一番素晴らしいと率直に思う。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...Loading...
3,241 views | add to hatena hatena.comment 3 users add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 22 users |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=82

8月 03

 「サブプライム」問題のなにがいまごろ蒸し返されて、これほどまでにマーケットの状況が荒れているのかわからない人向けに、これ以上ないほどわかりやすい説明→ここ

 伊藤洋一は「サブプライムは低所得者層向け。米国消費全体に低所得者層が占める割合は低い。だから相場は戻るだろう」的な発言を彼のpodcastでした。だが問題は、

これまでサブプライム(信用力の低い借り手)に限定されてきた米国の住宅ローンの問題が信用力の高い借り手にまで及んできているという認識が広がっています

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...Loading...
2,253 views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=81

8月 01

 日経平均、ついに暴落直後の安値を下回り、17000円を割れてきましたね。たとえば香港市場はまだNY市場がはじめに暴落した直後の安値を下回っていない(=比較的底堅い)ですけどね。今回の暴落では、BRICs株の下落を国内株の空売りがカバーしてくれて、むしろ利益が出たので、個人的には良かった。基本的には「相場急落への対処法」の筋で動いてますね。マーケットは2番底を試しに行っているのかもしれない。

 個人的な予想としては、2番底がどこかはわからないが、まだまだ下落すると思う。数日後いったんNYが大きく上に跳ねる→他国の株も跳ねる→だが、それ以降、日本株とNY株は上に行ったり下に行ったりヨコヨコ→そのあいだにBRICs諸国の株はじわじわ伸びて、いつのまにか最高値をふたたび更新してくる、というシナリオ。まぁ、立てた予想よりも予想が外れた場合の対処法をきちっと立てておくことの方が100倍大切なので、自分が保有しているポートフォリオの各銘柄の売却ライン(ルール)を紙に書き出して壁にはっておきます。トレーリングストップのルールを。

 風船は、一番弱い場所が避けて破裂する。金融市場のバブルも全く同じだ。しかし、風船と金融バブルの一番の違いは、破裂するときに、その風船に入っていた空気が別の風船に流入して、残った風船をさらに膨らませるバブル増強のメカニズムだ。途中で破裂した風船は結果的(=将来の評価としては)に、バブルの本命とは見なされず、脇役が落後していく過程と見なされる。その周辺銘柄のふるい落としを重ねながら、バブル本命銘柄に資金が集中していく。何回かのふるい落とし局面を経るごとに、前の局面よりもバブルの増長力は強力化する。だから、バブルの最終局面の上昇力は圧倒的であるし、反対に崩壊過程の破壊力は周辺の全てを巻き込んでしまうほどなのだ。(参照

PM16:50追記

 うーむ、いつのまにか香港市場が大幅に下落。この5日間の各国株価の動き。黒がドイツ、オレンジがアメリカ、赤がインド、青が香港、緑が日経平均。最新はここ。(8月1日の米国市場とドイツ市場はまだはじまっていないのでデータがない)。目先のトレンドはファンダ良好なインドにくるかも。しばらく様子見。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...Loading...
2,394 views | add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user |  http://plaisir.genxx.com/wp-trackback.php?p=80